teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


浅草岳でした

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 4月23日(月)08時54分43秒
   22日 日曜日の昨日は浅草岳へ
急激に減っていく積雪で、行けるルートはドンドン減っていきます。
いい斜面も上部からの雪崩でデブリーランド化してるし、この時期ありとあらゆる選択を頭に入れて進みます。

 昨日は大自然館側に車をデポしてからピックアップトラックにて浅草山荘へ移動しムジナ沢ルートにてIN。こちらも沢の中激しく割れているので例年よりかなり上流側から下降しなければなりません。
 大滝を高巻きついでに一気に稜線まであげてムジナ沢左岸の北斜面でまずは一本。
 雪のつながってる尾根をつかって前岳まであげます。
 ヤスノ沢滑りたかったけど、覗きこんでみればもはやデブリーランド。
 じゃあ、ということで さらにその隣の本沢ラインへ。
 若干メローであまり広さもないこの沢。下部に滝地形もあり一気に落とせないので今までツアーに使ったことはなかったけど、デブリーランドよりましということでイン。
 しかしこれが素晴らしく良かった。
 滝も完全埋没してるし、緩くて広すぎない沢地形は完全バンクドスラローム。

 時間も早いので隣のツリーラインをもう一度登って滑って、こちらも最高。
林道下山で3時終了。とうちとしては早い終わり方。

 今季はこれで最後にしようと思ってましたが、次の仕事のスタートがもう少し遅れそうでして。  来週、もう一回やりますか。
 G・W始まりますね。 28、29、30日のいずれかで
これが最後だ!下山のことは考えるな!力の限り守門岳硫黄沢 ありがとう2018シーズン。
とかやろうかと。
ここは、本物のなんとかアルプスに行けない俺の貧乏アルプス。滑り込んだらの必ず登らないと帰れない リアルな「かえれず」で有終の美を。
 
 

袴腰&駒の神でした

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 4月18日(水)06時20分44秒
   予定では 駒が岳への泊まりツアーでしたが、日曜日の荒天じゃ無理なので
土曜日だけの日帰りツアーに変更させてもらいました。

 3時くらいまでなら天気もつはず。なので、まだ雪のたっぷり残る黒姫エリアへ
天気もコンディションももちそうなのでグングン奥まで入って行きます。しかし、予報の良くない本日 我々以外には3人しかいない。
 鏡が池にはそれらしい方々が多数いたけど、みんな浅草岳行ったのかな?

 駒の神から北へ300mの一本目。半分パウグーだけど、まぁいいや。
4日前はスーパーパウダーで、その時の歓喜のシュプールがまだ消えていないし若干の余韻も響いているのですが、今日は今日。
 袴腰へ あっさりシールで登り返して東大斜面へIN。
ラインの選び方で板の走る人、走らない人。 経験の差が出るステージですね。

 天気も怪しくなってきたので 黒姫稜線へ戻っていつもと違うルートで下山。
この南斜面が一番気持ちよく板が走ったりして・・・。

 日曜日は予報通り雨。炭仕事してました。

 

日向倉山でした

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 4月 9日(月)13時04分38秒
   戻ってきましたねえ~、寒気ちゃん。
いい天気。では無い昨日も、悪すぎることはないし、上げれば間違いなくパウダーでしょ!
で、7人パーティーにて出発。
 誰もいません。この山だって近年大人気のはずなのに。皆さん良識あるのね。

 強風吹きまくりの尾根ルートは避けて日向倉沢をダイレクトに登り2時間かからずピーク着。
このルートなら全部シールで上げられます。

 ピークからの展開はもちろん北側。
期待以上のパウダーがたまってます。もちろんどこもかしも面ツル。
始めの2本はほぼ青空!しかし3本目からは時折視界が無くなるほどの吹雪。寒さも厳冬期並み。
でもそんなのに負けません。だってパウダーだから。

 結局北側を4本回して、もう下山しよう。となったのが5時前・・・
日向倉沢なら秒殺下山だ。のはずがこちら南側はかなり手強いコンディションになっていて、余力のない我々を大いに苦しめてくれたのでした。 でもそれはそれでけっこう楽しかったりするんだけど。
 本日も文句無しにヘロヘロになって18時過ぎに シルバーラインのゲート通過で終了です。

 今週末はお泊りツアー予定です。今のとこ予報良くないからやれるかわからないけど。
 

浅草岳&大岳分岐点ピーク

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 4月 4日(水)06時28分23秒
   土曜日は浅草岳へ、
なぜか今シーズン、行ってなかった魚沼山スキーのシンボルマウンテン。
最近ではヤスノ沢が大人気のようで、皆さんが北へ北へとエントリーしているようですね。
 でも今回はザラメ狙い。日当たりのよいムジナ沢の広い斜面へご案内。
こちらの斜面もノートラックというわけにはいきませんが、気にならないくらいのリセット具合
丁度良く緩んでナイスザラメな春のgoodコンディションにて2本いただき。後、
北も緩んだよな・・?
 で、ほぼシュプールの無い前岳直下からのラインでヤスノ沢IN。しかし固かった・・・。
下部は緩んで丁度良く気持ちよかったし、振り返れば迫力ある絵にそこを滑ってきたという達成感でなんとか満足し、林道コースにて下山終了。3時と早い時間に切り上げさせてもらい夜は会議&飲み会へGO。

 日曜日、必死にセーブした昨晩の努力で二日酔いとかもなく出発
しかしこれまたすごい人の数・・・日に日に増える入山者数はこの山の人気というより 他の山に雪がないからたっぷりある魚沼に集まって来てるようで・・・人気は本物じゃないのね。

 でも今回はそんな人だらけの大岳にて新ネタ。
我々は 中の高知沢 にて展開です。 南西方面のこちら側は袴岳への通り道位の位置づけだけど、しっかり見れば多数の滑走ラインが見えてくるエリアです。
 ザラメのノートラックをたっぷり堪能。4本刻んで南西尾根で下山です。とんでもない人数がいたはずなのに誰とも会わなかったし、5時下山だったので残ってたのは我々の車のみ。
 本日も120%のやりきった感。ヘロヘロになって終了。

 今週は日曜日の予定ですが、戻ってくる寒波に丁度ぶつかるようですね・・・
 土曜日もリクエストあれば。 こちらもいい天気じゃなさそうだけど。
 

3/24 大岳動画はこちらへ

 投稿者:さいとー  投稿日:2018年 3月26日(月)22時10分39秒
  https://youtu.be/gxyFDM0EFoU  

大岳&黒姫でした

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 3月26日(月)15時23分54秒
編集済
   両日ともに素晴らしい天気でした。
そして素晴らしい雪でした!
木金曜日に少し降ったので当たる予感プンプンでしたので6時スタート。しかし大岳二分ルート、物凄い人。滑り手より登山者が目立ちましたが、
 そんな混んでるルートは嫌なので我々は南西尾根ルートで上げて行きます。
トップまで誰とも会いませんでした。
予想通り1000から上はパウダーです。25㎝程度のしまりパウ。
これちょっと凄いんじゃない?!なんてこれまた予想通り 面ツルのコウクルミ沢 最高級のラン! 北西はここよりもっといいぜ!ってことで大岳ピークまで上げなおして母川源頭面へへIN
 どうしようもないほどいい!。
 もちろん登り返し、斜面を変えながら3本ほどアゲイン。 今シーズン最後だろうパウダー祭りでした。

 しかし最後ではなかった。
日曜日は黒姫へ、こちらも出だしから凄い人の数。
昨日はこちらだって人多かっただろうし、今日だって凄い。
 なので行先は前日のシュプールと人の動きをみて決めます。ってことで どこへ行くとははっきり決めないまま出発。 どんなに人が多くても必ずいい斜面へ導きます(多分)

 駒の神方面は多数のパーティーが向かってるので 黒姫バックボウル方面へ、最短ルートでたどり着いたけど。僅差で着いた先行パーティーが滑り込む用意し始めたので我々は隣のラインへ、下部でラインが絡みそうで嫌だな、と思ってましたが 先行さん達いくらも滑らないでストップしてるので、我々はその隣を遠慮なく刻む。
 昨日に引き続きやっぱり最高!北にはいいのが残ってました。
NOストレスなパックパウダーを全開以上の攻め攻めな滑りで300以上落とし、みんな快心。
しかしこれは前座。 本番は次よ。
で、いつもとは全く違う登り返しのルートで黒姫本峰方面へ。もはや人の気配はしません。
 本峰からの北斜面。400以上落とし。かなりのBIGフェイス。斜度も丁度良い。

 ちょっと時間がたっちゃったんで雪はしっとりしちゃったし、終盤はパウグー混じりでしたが、そこを滑りきったぞ!という達成感でこれまた気分アゲアゲ。
滑った分だけ登らなくちゃ帰れない斜面なのが玉玉にキズ。
 ピークへアゲインして、もう一本?って聞いてみたら
 もう足がない。。。ということなので下山。
 表側の斜面は思った通り凄い数のシュプールでギタギタ・・・・。
 そんなに人がいたのにほぼ誰ともスライドしない我々でした。

 来週はまた土日を予定です。
もうパウダーなんかないからね。ザラメ狙いですので。
 

センノ沢

 投稿者:mt-sam  投稿日:2018年 3月22日(木)20時03分35秒
  デブリランドでSKIにならず↓
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1407434.html

ホッシーSMOP見えたかな?↓
http://hoshino.yukimizake.net/2018/20180318/0318.htm
 

八海山でした

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 3月19日(月)10時56分19秒
   今回の土日お泊りツアーは 八海山 女人堂小屋泊でした
 腕の神経痛ひどくて雪洞掘りたくなかったもんで・・。
スキー場トップから1時間で着くこの小屋なら 重い荷物にも耐えられます。
連日の好天が続いた挙句に昨晩若干の降雪。
ガリガリか、奇跡的に上の方でパウダーあるか? かなりの高倍率な賭けツアー。
は、やはり・・・・う、、薄い・・・。見た目は最高な面ツル大斜面。5㎝程度の下はガリガリ君。 でもやります。滑りに来たんだから。しかも泊りで。

 初日にピーク直下からマス沢500m落としを2本。登り返しはアイゼンがよく効きます・・・ 今回のテーマは マス沢ギタギタ作戦 徹底的にこの沢にラインを刻んでやろう。と、思ってたのですが・・・
 快適すぎる小屋で翌日の作戦会議。マスは諦めてもっと上の日当たりいい緩んだ斜面狙おう。ということで 翌日は千本檜小屋まで行ってアラチ沢でも、と行って見てみれば 前日に3人のボーダーが滑り込んだシュプールあり。 あまり我々好みじゃない地形に誰の食指も動かず。

 で、反対の高倉沢覗いてみたら・・・
 あれ!?行けるじゃん!!! しかもここからエントリーできる!! 朝からずっと日が当たってるので斜面も緩んでる!登り返しのラインもある!!

 と、いうことで全く念頭になかった高倉沢を刻むことに。行き過ぎるとデブリーランドなので250ほどしか落とせませんが。 素晴らしい滑走でした。 もう少し柔らかいとありがたいけど本日それ以上の贅沢は言えません。 登り返しはやっぱかなり急なのでパウダーシーズンにいくとアゲインに物凄く苦労すると思われますので、やっぱ今時期のアイゼン登りじゃないと厳しい斜面だなと思いました。 で、我々はエントリー口を変えて2本ほどお楽しみ。

 満足感充分。あとは素直に女人堂小屋に戻って荷物回収して下山。
すればいいものを、
「昨日より暖かいし、マスもけっこう緩んだんじゃないか?」なんて余計なこと思いついて、結局 またしてもトップからマス沢に500m」落とし。
 でもやっぱガリガリ・・・。 しかし、2日間で5人×3本を刻んだマス沢は薄らだけどギタギタ。当初の目的も果たせてこちらも満足。 しかしそっからまた小屋に登り返していくアゲインは徒労感と疲労感で無言の行・・

 もう一回来たいな。と、思うものの 本日18日がスキー場の営業最終日。
 全部自分で登れば行けるけど。 やはり来年まで来ないだろうな。

 次は25日 日曜日を予定。
 でも、土曜日も3人程度集まればやります。

 
 

newコース完成!

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 3月16日(金)09時53分49秒
   「ぐるっと周遊硫黄沢、豪華日帰り欲張りプラン」
 何年もやってやろうと思っていたルーティーンをついに完成。
 40度ある斜面にに2m以上の落差あるエントリーは ファイト一発度胸百発ですが。

 大雪庇帯の真下なので のんびり行動するわけにもいきませんが、
 800mもある登り返しは歩いても歩いて着きませんが、

 下山は青雲岳の広大で緩い西尾根に超癒されます。

 今シーズンはもうダメかな。来シーズンの目玉ネタにしましょうか。
 でもタフな人じゃないとこなせないルートかも・・・

 今週、土日はお泊りやります。
 どこで?まぁ事後報告ってことで。
 

袴岳へ

 投稿者:smop中川  投稿日:2018年 3月12日(月)08時45分37秒
   予報最高な昨日、夕方まで天気もつでしょう。
だけど3月なってからまともな降雪ないし、火曜にも下見行ったけどガチガチの氷山にて敗退した袴岳・・・。
 しかし昨晩薄ら降ったので、今度こそは!と硫黄沢を目指してみました。

 1200から上にようやく薄パウが張り付いてる状態。風は吹かなかったようなので、雪はきれいについてるように見えますが。
 クトーつけると ひっかっかって歩きずらいほど薄い積雪。
 やっぱ今日もダメだな。と思いながらも袴ピークへ上げてみるも、ガスが沸いてきて見えません。
 しかし さすが風下側の硫黄沢はいい雪入ってる感じ。でも見えません。
 しばらく待つと一瞬出た視界に全景確認。
 ・・・・あ、下半分以上ガリガリだ・・・・
 出だしはいいけど半分楽しめそうにないコンディション。再び視界もなくなったりしたので結局北は諦めて そのまま西の本高地沢へIN。
 見かけは素晴らしい薄化粧。その化けの皮はがないように慎重に滑り込むも
 あれ?底付き感あるもののナイスパウダーじゃないですか。

 ということで、本高地沢ピークからのダイレクトラインはかなり気持ちよい一本でした。
 登り返してフェイスを変えての2本目は、日が陰りフラットライト気味でイマイチ。

 天気が崩れ始めたので、下祝沢でさっさと下山。南斜面もシャウダーにて板は超走る。だけど軽いデブリにジャマされて今一つ思い切り乗り切ることは出来ず。3時前には終了。
 最近こういうの多いな。

 次回の週末ツアーは土日の泊まりを予定してます。
が、その前の天気が良すぎて、パウダー!を狙うのはとても無理なコンディションみたいですね
 初夏の陽気です。だって。
 

レンタル掲示板
/61